[中学校]中学校外国語活動における本年度の取組[2015.01.07]

Top>Topics>全国の教育現場での取り組み>175.【三重県】 [中学校]中学校外国語活動における本年度の取組[2015.01.07]

Topics

175.【三重県】

[中学校]中学校外国語活動における本年度の取組[2015.01.07]2015.01.07

1 グローバル三重教育プランに係る取組


「郷土三重を英語で発信!~ワン・ペーパー・コンテスト~」

 三重県及び三重県教育委員会では平成26年2月「グローバル三重教育プラン」を策定しました。本プランでは、グローバル社会において求められる3つの力(「主体性」「共育力」「語学力」)を重視するとともに、三重県民としてこれらの力をバランスよく身につけ、生涯にわたりこれらの力を高めていくための具体的な方向性を示しています。その取組の一環として、中学生が郷土への愛着と誇りを持ち、異なる文化・伝統に立脚する人々と共生する態度を育むとともに、世界に向けて英語で積極的に発信できる力を育むため、豊かな自然、歴史、文化財、史跡、祭り、特産物、郷土に尽くした人物等、魅力あふれる「郷土三重」についての学習を深め、その魅力について英語で一枚紙にまとめて発信する「ワン・ペーパーコンテスト」を実施しました。県内から1080作品の応募があり、書類・プレゼンテーションによる審査を行い、表彰式を行いました。

 

「英語指導力向上集中研修」

 本年7月、8月に中学校・県立学校の英語教員の英語運用力、実践的指導力の向上を目的とした研修を実施しました。その中で、レゴブロックを活用し、教員が生徒の語学力、課題解決力、コミュニケーション力の向上につなげていける指導力を養うことを目的とした演習を取り入れました。

 

「英語キャンプ」

 高校生を対象に実施してきた「英語キャンプ」を、今年度から小中学生の参加も得ながら12月に実施します。

ねらいとして、

①英語環境の創出(all English)を通じ、コミュニケーション能力の向上を図る。

②英語による活動(レゴブロックを用いた活動を含む)を通じて、学校や年齢を超えた交流を図り、人間的成長を促進する。

③発達段階に応じた英語活動を取り入れ、創造力やチームワーク力を育成する。

としています。

 

2 「フューチャー・カリキュラム実践研究事業」における英語科ワークシートの作成

 平成25年度、県教育委員会では、各学校における授業改善の参考となる「授業改善モデル」を作成しました。今年度は、「授業改善モデル」の活用を推進し授業改善の取組の充実を図るとともに、基礎的・基本的な知識・技能の習得とそれらを活用する力の育成に向け、授業や家庭等で活用できる「ワークシート」の作成を進めています。 

 作成にあたっては中学校での使用教科書との関連も考え、有識者の助言・指導を得て作成し、県教育委員会のHPへの掲載等によりその普及を図っています。

 

3 本県における課題と今後に向けて

 社会や経済のグローバル化の中で、国際社会で活躍する人材を育成するための1つのツールとして英語を習得することは大変重要です。

 2020年度から全面実施される新学習指導要領においては、小学校の取組を踏まえた英語の授業、英語で授業を行う、学習到達目標の設定等が求められています。その中で、教師の授業力向上が大きな課題として挙げられます。国の動向を踏まえながら、今後の本県の中学校における英語教育を充実させていきたいと考えています。

 

(三重県教育委員会 指導主事 脇本惠生)

このページの先頭へ
Topics カテゴリ
Topics バックナンバー
ELEC