2016.04.04

1 in 29 babies born in 2014 had non-Japanese parent

1 in 29 babies born in 2014 had non-Japanese parent

 

One in 29 babies born in Japan in 2014 had at least one non-Japanese parent, according to a Kyodo News analysis of government data. In that year, 1.02 million babies were born. About 35,000, or 3.40 percent of the total, were born either to non-Japanese parents or to Japanese and non-Japanese couples. The ratio is close to the record high of 3.44 percent in 2008.

 

[和訳]

2014年、親が外国人の赤ちゃんは29人に1人

 

共同通信が政府統計(※)を分析したところ、2014年に日本で生まれた赤ちゃんの29人に1人は、少なくとも両親の1人が日本人ではなかったことが分かった。この年に生まれた赤ちゃんは102万人。そのうち、約3万5千人、3.40パーセントの赤ちゃんは、両親とも日本人でなかったか、あるいは親のどちらかが日本人でなかった。この割合は、過去最も高かった2008年の3.44パーセントに次ぐものだ。

 

[キーワード]

non-Japanese (日本人から見た)外国人、日本人ではない人
at least 少なくとも
according to ~  ~によると
Kyodo News 共同通信。日本を代表するニュース配信の最大手。
analysis 分析
be born to ~ ~の子として生まれる
either ~ or … ~か…のどちらか、いずれか一方。
Japanese and non-Japanese couples

日本人と日本人でない人(両親のいずれかが

日本人でない)の夫婦

ratio 割合、比率(=proportion)
close to ~ ~に近い
record high 過去最高値



















(関連)

※厚生労働省 人口動態統計 2014年 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001028897