やさしく読める英語ニュース~Mozu-Furuichi clusters added to World Heritage list

Top>Easy Reading for Students>Mozu-Furuichi clusters added to World Heritage list

Easy Reading for Students

2019.08.05
MP3Print

Mozu-Furuichi clusters added to World Heritage list

Mozu-Furuichi clusters added to World Heritage list

 

UNESCO on July 6 added two tumulus clusters in Osaka Prefecture to the World Heritage list.

 

The Mozu-Furuichi clusters have 49 tombs.

 

One of the tombs is Japan’ s largest keyhole-shaped mound, the Emperor Nintoku tomb in the city of Sakai.

 

The tomb is 486 meters long and named after Emperor Nintoku, who is said to have ruled in the fourth century.

 

[和訳]

 

百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群、ユネスコの世界遺産に登録

 

ユネスコは7月6日、2つの古墳群(大阪府)を世界遺産に登録した。

 

百舌鳥・古市古墳群は49基の墳墓から構成されている。


そこには、日本最大の前方後円墳の仁徳天皇陵(堺市)も含まれる。

 

全長486メートルを誇る同古墳は、仁徳天皇陵とされている。仁徳天皇は4世紀頃に在位していたとされている。

 

[キーワード]

 

cluster 塊、郡
World Heritage 世界遺産
UNESCO (=United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization) 国際連合教育科学文化機関、ユネスコ
tumulus 古墳。ancient  burial mound とも言う。
tomb
keyhole-shaped カギ型の。ここでは前方後円墳の形を指す。
mound 盛り土、山、古墳
name after ~ ~にちなんで名づける
rule 統治する

 

このページの先頭へ
Easy Reading For Students カテゴリ
Easy Reading For Students 関連教材カテゴリ
Easy Reading For Students バックナンバー
ELEC