[高等学校]仙台高校の英語教育の取り組み[2015.02.16]

Top>Topics>全国の教育現場での取り組み>184.【仙台市】 [高等学校]仙台高校の英語教育の取り組み[2015.02.16]

Topics

184.【仙台市】

[高等学校]仙台高校の英語教育の取り組み[2015.02.16]2015.02.16

1 教員の授業力向上のための取り組み

①  公開研究授業の実施

 毎年10月に大学の先生方を助言者に迎え,公開研究授業を実施している。平成26年度は英語を含む7教科を公開。授業後に,合評会を開催し,参加者の意見や助言者のアドバイス等により,発表者だけでなく参加者全員の授業力向上につなげている。

②  校内研修会の実施 

 毎年12月にスキルアップ講習会を開催している。本講習会は,本校生徒を対象に,英国数の授業を予備校講師がおこない,教員の授業力の向上に役立てている。また,数年に一度,ICT機器の講習会を開催し,全教員がICT機器を使えるようしている。

③  県外視察

 2~3年に1度,英語科教員による県外視察を行っている。他校の英語科の取り組みや授業を参考にすることで,校内の様々な場面で活用できるようにしている。

 

2 生徒のモチベーションを高めるための取り組み

①  ICT機器の活用

 本校LL教室の歴史は古く1975年までさかのぼる。その後,数回のシステム変更を経て,2013年導入のCALLシステムに至る。また,同時期にThink Boardが導入され,タブレットPCを接続する環境となり,現在活用している。活用事例としてペアワーク活動,リスニング対策,発音矯正など多岐にわたる。

②  短期海外留学の実施

 本校では1996年にアメリカの姉妹校であるジョン・ウェスリー・ノース高校での留学を皮切りに,毎年3月に希望者を対象にした短期留学を実施している。今年度で17回目を迎え,12日間のオーストラリアへの研修が予定されている。参加人数は年により異なるが,最近では15名程度の参加者がいる。留学前には,ALTを活用した研修を年間を通して実施し,コミュニケーション能力の向上に努めている。

③  少人数制授業の実施

 本校では1年次英語表現Ⅰ(2単位),2年次英語表現Ⅱ(2単位),3年次ライティング(2単位)でクラスを分割した少人数授業を展開している。通常クラス35名の半分になるため,英語が苦手な生徒へもきめ細やかな指導ができ,その効果が上がっている。

 

関連情報: 仙台高等学校のウェブサイト

 

(仙台市教育委員会 教諭 鈴木健)

このページの先頭へ
Topics カテゴリ
Topics バックナンバー
ELEC