[高等学校] 広島県における英語教育の取組 [2014.03.03]

Top>Topics>全国の教育現場での取り組み>118.【広島県】 [高等学校] 広島県における英語教育の取組 [2014.03.03]

Topics

118.【広島県】

[高等学校] 広島県における英語教育の取組 [2014.03.03]2014.03.03

広島県では,高等学校の教員の指導力向上,生徒の国際性の育成に向け,次のような取組を行っています。

 

1 教員の指導力向上

(1)英語によるコミュニケーション能力・論理的思考力を強化する指導改善の取組

 新学習指導要領「外国語」の着実な推進に向けて,広島県では文部科学省の委託事業である本事業を活用しています。

 各県立高等学校から英語担当教員1名を対象に「英語指導力向上研修」を平成25年11月と平成26年1月に行い,大学教授による講義,拠点校や実践校からの発表,CAN-DOリスト作成状況や科目「英語表現Ⅰ」のテストの実施状況についての情報交換等を行いました。また,平成26年2月には,県立高等学校の希望者を対象とした「ディベート研修」を,基礎コース(ディベート活動を取り入れた授業の必要性と方法),発展コース(大会出場を目指したディベート活動の必要性と方法)に分けて行いました。

 

(2)学力向上対策支援事業

 広島県が実施する本事業を通して,県立高等学校の英語担当教員の教科指導力向上を図っています。

 大学教授による講義,県外の教科指導力の優れた教員による講義・演習,公開研究授業及び研究協議等を内容として年5回実施する研修,20校が5つのグループに分かれ,互いの学校を訪問してグループごとに設定した研究テーマのもとに研究授業及び研究協議を行う研修等を実施しています。

 

(3)外国語指導助手の指導力等向上研修

 1月に3日間で行われる研修のうちの1日は,日本人の英語担当教員も参加して外国語指導助手とともに教科指導力向上に向けて研修を行っています。今年度は次のような内容を行いました。

・大学教授による講演:Team Teaching Strategies for Communication with Learning Styles in Mind(学習スタイルの違いを考慮したコミュニケーションのための英語教育をめざして)

・模範ティームティーチングの実演

・ワークショップ(模範ティームティーチングに基づいた協議を中心に実施)

 

2 生徒の国際性の育成

 広島県では,県立学校海外交流推進事業を実施し,学校の国際化や生徒の海外への留学等を支援することで,高校生がグローバル社会に対応できる力の育成に努めています。この事業により,現在,ほぼ全ての県立高等学校が海外に姉妹校を持ち,学校間で留学や訪問などを積極的に行っています。また,留学費用の支援,留学フェアの開催,留学相談員の学校への訪問により,姉妹校以外でも留学を希望する生徒が増えつつあります。

 

 広島県では,将来,グローバル社会で生きるために必要な資質・能力を生徒に育成するため,英語担当教員の指導力向上によって新学習指導要領「外国語」を着実に推進し,生徒が海外の生徒との交流を行うことのできる環境の充実に引き続き努めてまいります。

 

(広島県教育委員会 高校教育指導課 指導主事 大道伸幸)

このページの先頭へ
Topics カテゴリ
Topics バックナンバー
ELEC