2014.07.22

Japan reinterprets Constitution, opening door to collective self-defense

 

Japan reinterprets Constitution, opening door to collective self-defense

 

On July 1, the Cabinet endorsed major changes to the way Japan interprets the Constitution, allowing the exercise of the right to collective self-defense in a limited manner. Based on the Cabinet decision, Japan would be allowed to use force in certain situations. For instance, the Self-Defense Forces would be able to defend allies under armed attack, even when Japan itself is not.

 

[和訳]

憲法解釈変更を閣議決定、集団的自衛権の行使容認へ

政府は7月1日の閣議で、限定的にではあるが集団的自衛権を行使できるようにするため、憲法解釈を大きく変更する決定を行った。この閣議決定により、日本は特定の状況下で武力行使が可能となる。例えば、日本が直接攻撃されていなくても、同盟国が武力攻撃を受けている場合、自衛隊が同盟国を防護することができるようになる。


[キーワード]

reinterpret ~を解釈し直す
Constitution

憲法。ここでは特定の憲法(日本国憲法)を指すので、語のはじめは大文字。

collective self-defense 集団的自衛
Cabinet 内閣
endorse ~を承認する
interpret 解釈する
exercise 行使
the right to collective self-defense   集団的自衛権
in a limited manner 限定的に
based on~ ~に基づいて
use force 武力を行使する
certain 特定の

for instance

Self-Defense Forces

例えば

自衛隊

defend ~ ~を守る
ally

同盟国。複数形はalliesになる。

under armed attack

武力攻撃を受けている