2012.07.17

CERN scientists find ‘Higgs-like' new particle

 

CERN scientists find ‘Higgs-like' new particle

 

Scientists at the European Organization for Nuclear Research (CERN)  in Geneva, Switzerland,

 

announced on July 4 that they have found the “final missing linkin the “Standard Model” of

 

modern physics - the Higgs particle - “with a certainty of more than 99.9999%.The

 

discovery of the Higgs particle, named after British physicist Peter Higgs, could help explain

 

the origins of the universe and the beginning of life on Earth, according to scientists.

  

[和訳]

CERNがヒッグス粒子とみられる新たな素粒子を発見

 現代物理学の「標準理論」で「最後の欠けた部分(未発見)」だったヒッグス粒子を「99.9999パーセント以上の確実性」で発見したと、スイス・ジュネーブにある欧州合同原子核研究機関(CERN)が7月4日、発表した。科学者たちによると、イギリスの物理学者、ピーター・ヒッグス氏にちなんで名付けられたヒッグス粒子の発見は、宇宙の起源や地球上の生命誕生の解明に役立つとのこと。

   

[キーワード]

 CERN (=the European Organization for Nuclear Research) 欧州合同原子核研究機関。スイスのジュネーブにある世界最大規模の素粒子物理学研究機関。CERNという名称は本機関の前の名称のフランス語の頭文字からつけられた。

 -like         ~のような

particle       粒子、素粒子。通常、ヒッグス粒子には boson という単語が使われる

missing link    欠けているもの、未発見 

Standard Model 標準理論。現在の素粒子物理学における標準的な理論で、物質を形づくる基本粒

             子を解明しているが、粒子に質量を与えるヒッグス粒子だけが未発見だった。

 modern physics 現代物理学

 certainty       確実性

 name  after~    ~に由来して名づける

 physicist           物理学者

 Peter Higgs       ピーター・ヒッグス博士(83)。1964年に「ヒッグス粒子」の存在を予言した英国の物理学者。

 Origin                 起源

 universe            宇宙

 beginning of life   生命の起源、ここでは生命の誕生を意味する

 help explain    help explain  解明を助ける。help+ (to) doでは、toを省くこともある

 

 [一口メモ]

ニュース英語の見出し(ヘッド、headline といいます)では、過去に起きた出来事であっても現在形で表現するというルールがあります。この記事でも、「ヒッグス粒子発見をCERNが発表した」という過去の出来事を見出しではfind の現在形を用い、found としていません。また過去形が使われている場合は、受動態でbe動詞が省略されている場合も少なくありません。