やさしく読める英語ニュース~English-language education may change under LDP

Top>Easy Reading for Students>English-language education may change under LDP

Easy Reading for Students

2013.04.30
MP3Print

English-language education may change under LDP

English-language education may change under LDP


The Liberal Democratic Party on April 8 announced new policy ideas about English-language education that could mean big changes for school students. Students may need to pass the Test of English as a Foreign Language (TOEFL) before they can start or graduate from university. TOEFL involves reading, listening, speaking and writing English. The policy ideas are yet to be finalized.

 

 [和訳]

英語教育、自民党の下で変わる可能性あり

4月8日、自民党は、学生に大きな変化を及ぼす可能性のある英語教育の新政策案を発表した。それによると、学生は大学入学前か卒業時に英語能力試験「TOEFL」をパスする必要があるという。TOEFLは読む、聴く、話す、書くという英語の4技能を含む試験。この政策案はまだ最終的に決まったものではない。

 

[キーワード]

education                                                     教育
LDP              与党の自由民主党(略称:自民党)。正式英文名はthe Liberal Democratic Party (略称: LDP)。

policy ideas     

政策案

the Test of English as a Foreign Language (TOEFL)

米国のNPO(non-profit organization 非営利団体)が主催する非英語圏出身者を対象とした英語運用能力テスト「トーフル」。読解の「リーディング」と英語を聴く「リスニング」、質問に対する答えを録音する「スピーキング」、文書を書く「ライティング」の4分野で構成。TOEFLは米、英、豪、カナダ、ニュージーランドなど英語圏の大半の大学で留学志願者の英語能力判定試験として使われている。

graduate          

卒業する

involve         含む
yet to be finalized       まだ最終的に決まったものではない

 

このページの先頭へ
Easy Reading For Students カテゴリ
Easy Reading For Students 関連教材カテゴリ
Easy Reading For Students バックナンバー
ELEC